ギャラ飲み

【朗報】金欠でも女性と安く飲む方法4選!【ヒント:ギャラ飲みアプリ】

金欠でも女性と安く飲む

この記事では、お金に余裕がない時でも女性と安く飲む方法を紹介します。

気の知れた友達との飲み会や会社の飲み会も楽しいけれど、「何だか物足りない・・・」と感じている男性は多いと思います。

今回は、そのような刺激が欲しい男性向けに、女性と安く飲む方法を4つ紹介します。

この記事を読めば、グループでの飲み会がもっと充実するかも!

それぞれのメリットやデメリットも踏まえながら、ぜひ活用してみてくださいね。

金欠でも女性と飲まないといけない状況はある

10選 女性と飲む状況

「お金がない・・・」そんな時は、なるべく娯楽にはお金を使わずに過ごしたいもの。

働いている男性にとって身近な「飲み会」は、その最たるものですよね。

しかし、そんな金欠の状況でも、どうしても女性と飲まなければいけない場面があります。

会社の接待では主にキャバクラ、接待の相手によっては高級クラブなどを使う必要があることも多いのではないでしょうか

仕事の大事なお付き合いとして行く以上、「金欠なので・・・」と接待相手に言うわけにはいきませんよね。

以前は「交際費」と称して会社の経費から落とすことができましたが、ムダ削減が叫ばれる昨今では厳しい目が向けられることも。

仕事の状況や時期によってはそういった接待が続くこともあり、泣く泣く財布を開いている男性も多いのでは?

また、友達との飲み会も油断できません。

男同士で気兼ねなく飲むはずが、ナンパした女の子や彼女候補、キャバ嬢など誰かが女性を連れてくることも。

初対面の女性に払わせるわけにもいかず、ついつい奢ってあげてしまうこともあるのではないでしょうか?

このように、女性と飲むことは楽しいことですが、どうしてもお金がかかります。

金欠のときには、女性と飲むにしてもリーズナブルな方法で楽しみたいですよね。

女性と安く飲む方法一覧まとめ

10選 安く飲む方法一覧

ここでは、「女性と安く飲む方法」を表でまとめて紹介します。

もちろん、あくまで「相場」なので金額はお店によってさまざまです。

なお、マッチングカフェや相席ラウンジは店舗により料金加算システムが大きく異なるため、相場は省略しています。

サービス 料金相場 時間
ガールズバー 3,000円~
4,000円
60分
キャバクラ 5,000円~
10,000円
50分~90分
マッチングカフェ
相席ラウンジ
店舗によりさまざま 入店料・紹介料を支払えば時間単位での支払いはなし(ツーバー)
相席前と相席中で料金が異なり、10分単位で加算する(オリエンタルラウンジ)
ギャラ飲みアプリ 3,000円~
20,000円
30分~60分

女性と安く飲む方法1.ガールズバー

10選 ガールズバー

ガールズバーは、カウンター越しに女の子と話をしながらお酒が飲める店です。

あくまで「バー」という業態のため、例えばボックス席でキャストの女性に隣に座ってもらうなどのことはできません。

しかし、ガールズバーのキャストは女子大生などの若い女性が多いので、お喋りするだけでも楽しいのでは?

会社の接待に使われることも多いキャバクラやクラブとは違い「カジュアルに飲める場」と考えられているガールズバー。

落ち着いた雰囲気はないかもしれませんが、まるで友達かのようにワイワイ話せますよ。

  • 女子大生を中心とした20代前半の若い女性と飲める
  • キャバクラに比べてリーズナブル
  • ノリのいいキャストが多いのでワイワイ楽しく飲める
  • キャストの服装がラフな場合が多く、普段着でも気軽に行ける
  • 静かな落ち着いた雰囲気は楽しみにくい
  • キャバクラと違い、キャストとの連絡先の交換はできないお店が多い
  • キャストを指名して飲むことはできないお店が多い
  • 気軽なお小遣い稼ぎで出勤しているキャストも多く、あくまでも「一期一会」の出会い

ガールズバーの料金相場

ガールズバーの料金相場は60分あたり3,000円~4,000円と、キャバクラに比べるとリーズナブル。

お酒もドンペリなど高級なものはあまり置いていませんし、キャストの接客もどちらかというと「普通の女の子」っぽいお店が多め

キャバクラやクラブのようなプロのおもてなしを期待している人には不満かもしれません。

しかし、上記でも述べたように「安い料金で若い女の子とワイワイ飲みたい! 」という男性にはうってつけの飲み方です。

女性と安く飲む方法2.キャバクラ

キャバクラ

会社の接待などで利用している男性も多いであろうキャバクラ。

夜のお店の中でもポピュラーであるだけに特徴も幅広く、女子大生専門キャバクラから熟女専門キャバクラまでさまざま

会社勤めの女性にはいない、派手で煌びやかな見た目の女性が多く、非日常を味わえます。

ママや先輩キャバ嬢が厳しく教育している店舗も多いため、会話や接客には抜かりありません

会話の中でとにかく男性を立ててくれるため、普段は味わえない王様気分を楽しむことができます。

キャバクラというとどこも料金が高めで、安い店舗だと可愛い女性がいない、と考えている男性もいるでしょう。

しかし、昨今は副業やアルバイトとして夜のお店で働く女性も増えており、安い店舗でも素敵な女性が増えています

会社の接待くらいでしか利用したことがないという男性も、ぜひプライベート用のキャバクラを新規開拓してみてはいかがでしょうか。

  • 普段は出会えない煌びやかな女性と高級なお酒を楽しめる
  • キャストと連絡先を交換し、プライベートなやり取りができることもある
  • 仲良くなれば出勤前やアフターでの店外デートが可能
  • キャバ嬢による営業に惑わされてついついお金を使い過ぎる
  • プロの気遣いを楽しめる反面、「素人っぽさ」は楽しめない
  • 派手な女性が多く、清楚な見た目の女性を求めても見つかりにくい
  • お店によっては「ぼったくり」が横行していることも

キャバクラの料金相場

キャバクラの料金相場は50分~90分あたり5,000円~10,000円と幅が広いです。

地方都市のキャバクラでも、予算は最低5,000円ほど見積もる必要があります

それに加え、お気に入りのキャバ嬢ができるなどして「もっと楽しみたい」となると、さらに料金がかかります。

指名料にはじまり同伴代、ボトルキープ代、楽しくてついつい喋り過ぎると延長料金も

金欠のときにキャバクラを利用することはハードルが高いといえます。

さらに、キャバクラに勤める女性はとても魅力的ですが、いくらお金をかけても交際には至らないのが現実。

経済的に余裕があり「上質な時間を女性と過ごしたい」という気分になったときに、ほどよく利用するのが最善だといえます。

女性と安く飲む方法3.マッチングカフェ、相席ラウンジ

10選 出会いカフェ

次に紹介する「マッチングカフェ、相席ラウンジ」は、ガールズバーやキャバクラとは異なり、女性も「お客様」です。

つまり、素敵な空間の中で男女の気軽な出会いを提供するカフェやラウンジのこと

「相席居酒屋」は有名ですが、相席ラウンジはこの「相席居酒屋」よりワンランク上のオシャレな出会いの場になります。

男性も女性もプライベートだから、ラウンジで仲良くなれば彼氏・彼女の仲にまで発展できることも!

もちろん、そこまではいかなくても、たまたま居合わせた女性グループと楽しく会話しながら食事することもできます。

キャバ嬢のプロっぽい接客や営業に飽きてしまった方、女友達・彼女が欲しい方に特におすすめです。

  • 行けば必ず女性がいる確率が高い
  • 食事のメニューが豊富
  • 女性も客なので「仕事として」ではなくプライベートの態度で接してくれる
  • 仲良くなれば、恋人に発展することもある
  • タダ飯、女子会目的で来ている女性が多く、楽しく会話ができないこともある
  • 時間とお金を費やしてもタイプの女性に出会えるとは限らない
  • 女性は友達同士で来ていることが多く、気を遣うことがある
  • 三大都市圏以外には店舗がほとんどない

マッチングカフェ、相席ラウンジの料金相場

マッチングカフェ、相席ラウンジの料金加算システムは店舗によって大幅に異なります。

そのため、相席ラウンジのなかでも代表的な「ツーバー」「オリエンタルラウンジ」の2店舗の料金システムを紹介します。

ツーバー

  • 新規入会料5,000円
  • 入店料1,000円/日
  • 紹介料5,000~6,000円/人
  • 婚活コースの場合、紹介料は男性10,000円/人、女性3,000円/人、成婚料60,000円(栄店のみ)

「ツーバー」は新橋・渋谷・栄に展開する相席ラウンジ。

入会料や入店料を支払いさえすれば、あとは時間を気にせず店内で女性と交流できます

オリエンタルラウンジ

  • チャージ料500円
  • 入店~相席前まで200円/10分
  • 相席後600円/10分(平日)
  • 相席後700円/10分(金曜・土曜・祝日)

「オリエンタルラウンジ」は北は札幌、南は沖縄まで全国に23店舗を展開する相席ラウンジ。

相席ラウンジとしては日本最大級で店内は高級感あふれる空間になっています

10分ごとに料金を加算するうえ、相席前と相席後で加算する料金が異なる珍しいシステム。

しかし、相席までの手間や、相席後の女性との会話時間を考えると、「ツーバー」と料金はあまり変わらないといえるでしょう。

【おすすめ】女性と安く飲む方法4.ギャラ飲みアプリ

10選 ギャラ飲みアプリ

「ギャラ飲み」とは、飲み会の際に女性を呼び、対価として金銭を与えるサービス

飲み会を計画したけれど、女性に華を添えて欲しい!というときに非常に重宝します。

女性だけではなくマジシャンやお笑い芸人、占い師等も登録しており、エンターテイメントの一端を担いつつあります

グループ飲みで複数の女性を呼んでワイワイ騒ぐことはもちろん、1対1でしっぽり飲みたいときに1人の女性を指名することも可能。

元々は芸能界発祥のサービスですが、普及した現在ではリーズナブルな料金で素敵な女性と飲めちゃうんです

  • アプリで気軽に女性を呼べる
  • 女性だけではなく芸人やマジシャンを呼ぶことも可能
  • シチュエーションや気分に合わせた女性を選べる
  • ガールズバーやキャバクラのような「従業員とお客様」の壁がない
  • マッチングカフェや相席ラウンジよりも女性との会話が盛り上がる
  • 女性はあくまでも飲み会の報酬を目的としており、個人的な連絡先交換は期待しにくい
  • サービスによってはレベルの低い女性が来る可能性もある

ギャラ飲みアプリの料金相場

代表的な、6つのギャラ飲みアプリの料金相場は以下のようになります。

それぞれのアプリで女性を呼んだ場合の料金の目安を確認してください。

アプリ名 料金相場 特徴
『dana』
【おすすめ!】
3,500円~ 有名人との飲み会を連日プロデュースする「ひとみん」がプロデュース
リーズナブルな料金で美女と飲める!
『plum』 4,400円~ 女性の審査通過率わずか5%、審査するのは男性会員だから安心
『pato』 4,000円~
20,000円
ギャラ飲みアプリ最大級、芸人や占い師等のエンターテイナーも登録中
『cheers』 3,500円~
20,000円
登録から1週間以内の予約限定で、1時間分無料!多種多様な女性が登録中
『LION』 5,000円~
10,000円
女性の審査通過率わずか5%、オンライン飲み会サービスも開始
『mullion』 3,000円~
12,000円
飲み会だけではなくクルージングやゴルフ、ヨガ・英会話レッスンにも対応可能!

こうしてみるとそれぞれのギャラ飲みアプリが特徴をもっていることがわかりますが、特におすすめなのは『dana(ダーナ)』

有名スポーツ選手や経営者との飲み会を日々プロデュースする、ひとみんの完全監修でリリースされました

ギャラ飲みに興味がある方なら、ひとみんの名前を目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

いわば「ギャラ飲みのプロ」なだけあって、『dana(ダーナ)』も男女ともに快適に利用できるよう配慮されています。

料金は一律3,500円/時からのスタートで、女性のランク付けは一切ありません。

そのため、他のギャラ飲みアプリでは呼ぶのに10,000円以上かかりそうな美女もリーズナブルな料金で呼ぶことができます!

また、他のギャラ飲みアプリでは審査通過率がかなり低く「なんで?」と思うほど素敵な女性でも落選しているのが現状。

しかし、『dana(ダーナ)』なら女性の審査がないので他のギャラ飲みアプリで出会えなかった可愛い女性に出会えるチャンス!

他のギャラ飲みアプリに比べてサービス開始時期が間もないので、思わぬ素敵な出会いがあるかも!?

ギャラ飲みで新たなドキドキを

10選 まとめ

金欠でも女性と安く飲む方法を4つ紹介しました。

どのサービスもメリット・デメリットがありますが、上手く活用すれば日常生活がもっと充実すること間違いなし。

特に、「ギャラ飲み」はアプリで気軽に綺麗で盛り上げ上手な女性を呼べる、まさに「かゆい所に手が届く」サービス。

料金はアプリによって異なりますが、『dana(ダーナ)』はリーズナブルで、ひとみん完全監修という圧倒的な信頼感が魅力的。

まさに「金欠だけど女性を飲み会に呼ぶ必要がある、寂しいから女性を呼びたい」というときにおすすめのアプリです。

飲み会が「無理をしてお金を出すイベント」から「気軽にドキドキを楽しめるイベント」に変わること間違いなし!

ぜひ『dana(ダーナ)』などのギャラ飲みアプリを活用して、上手なお金の使い方をしてくださいね。