出会い系

危険なアプリ?Jメールとは?口コミ・評判から判明した評価を公開

Jメールとは、大人の出会いを求めている方に向いている出会い系のサービスです。

Jメールは現代とても話題となっており、女性は完全無料で利用できますが、男性はポイントを都度購入する必要があります

男女問わず、Jメールへの登録に間しては無料で行うことができ、実際に男性が登録しても、登録料が発生することはないため安心して利用できるでしょう。

無料で貰えるポイントがありますが、本格的に利用する場合は都度課金しなければいけません。

出会いがあまりないという人は、ぜひ使ってみてほしい出会い系サービスです。

Jメールとは?

「出会いアプリのJメールは使っても問題ないのか」「本当に相手と出会えるのか。またサクラはいないのか」など、Jメールの特徴が気になっている人が多いでしょう。

「ミントC! Jメール」はJメールと呼ばれているサービスで、会員数が多く、出会い系アプリの中では信頼性が高いと言われています。

しかし利用するにあたって注意点がいくつかあるため、初心者にはおすすめできません。

Jメールは金銭目的の女性や違法風俗の社員が多いため、一般女性と出会うのは難しいです。

例えば10通のメッセージが届いた場合は、10通全てが金銭目的の女性であるということがよくあります。

そのためJメールから一般女性に出会いたい場合は、一般女性と出会える攻略法を身に付けなければいけません。

Jメールの会社概要

  • 会員数:600万人以上
  • 入会費:かからない
  • 紹介料:かからない
  • 対応地域:全国的に利用できる
  • 公式サイト:無料登録はこちら

Jメールの料金・価格

女性会員の場合、お小遣い稼ぎが目的で利用しているキャッシュバッカーという方がいますが、男性と連絡を取り合っても1往復で10円未満なので、男性会員からあまりお金を搾取することができません。

ここからは、Jメールの料金相場や女性が受け取れるお手当の相場を詳しく見ていきましょう。

料金相場・お手当はどのくらい?

活動 お手当
顔合わせ 5千~1万円
食事のみ 1~3万円
デート 2~3万円
身体の関係あり 2~10万円
身体の関係ありで月々会う 5~15万円
身体の関係なしで月々会う 10~50万円

Jメールの料金の相場は、女性の容姿に左右されます。

まず初回の顔合わせは、昼間のランチやカフェがほとんどです。

料金相場は1時間ごとに5,000円~1万円+食事代といったところでしょう。

注意点として、プロフィール写真と実物があまりにも異なっている場合は、手当が付かない場合があるので注意が必要です。

食事デートに関しては、ディナーやお酒を楽しむという感じがほとんどで、相場は1時間ごとで5,000円~2万円+食事代です。

身体の関係ありのデートであれば、その場その場で支払う場合は1回ごとに2万~10万円、月額であれば20万~100万円以上と金額差がとても異なるでしょう。

男性によっては、お金だけでなくアクセサリーや洋服のプレゼント、起業資金、学費、高級車、マンションをプレゼントしてくれる方もいます。

知らないと損!『Jメール』の料金を一覧表で徹底比較パパ活アプリとしても利用されている『Jメール』ですが、実際の料金はいくらかかるのでしょう。 パパと出会うことはできるのでしょうか。...

Jメールの口コミ・評判を紹介

ここからは、Jメールの悪い口コミと良い口コミを詳しく見ていきましょう。

主に挙げられるのは、「連絡先を交換しようとしてもはぐらかされる」「サクラばかり」「キャッシュバッカーにお金を巻き上げられた」「ホテル代で追加で2万円を要求するような業者ばかり」という口コミです。

悪い口コミ・評判

30代男性
30代男性
口コミ・評判:
ここは本当におすすめできません。
男性側としては一方的にポイント吸収されるだけで、女性会員の9割はメールレディやキャッシュバッカーばかりです。
例えば夕方に会うと約束した女性が、「夜に会いたい」と予定を急に変えたり、通常は4通程度メッセージを交わすと、返事が来なくなる場合が多い印象です。
ボクの場合は6,000円を捨てたような物なので、時間と金が無駄になっているでしょう。
50代男性
50代男性
口コミ・評判:★★
私は50歳のおじさんですが、出会い系で親密な関係になれる女性を探しています。
今までは他の出会い系アプリを使用していましたが、最近はJメールを主に使用します。
Jメールは相手から返事が返ってきやすいのは嬉しいところですが、その先にはなかなか進みません。
会う約束をしても、「もう少しだけお互いを知ってから」「もっと親しくなってからの方が良い」としか返ってきません。
女性側は、本気で出会いを求めていないサクラか、お手当がただ単に欲しいだけの女性が多い印象です。
40代男性
40代男性
口コミ・評判:
出会いが欲しかったのでJメールの会員になりましたが、掲示板でただ応募してくる女性も、相手のプロフィールをしっかり見てメールする女性も、ほとんどがお手当の内容や割り切りであるかどうか、避妊具の有無などの条件を定めてきます。
アドレスを交換した際に、「旦那にバレそうだから」と別のサイトへさらに登録させられそうになりました。

良い口コミ・評判

30代男性
30代男性
口コミ・評判:★★★★
身体の関係を探したくて、Jメールに登録しました。
見分け方を理解してくると、一般女性と主にやり取りすることができます。
最初は「キャッシュバッカー」という物を知らなかったため、勝算が見込めない相手と連絡を取っていたことがありましたが、低評価の口コミを確認すると、そのキャッシュバッカーが原因で会えないのかと、納得することができました。
見分けが付くまでは大変ですが、ボクの場合は毎月3.000円ほど課金し、月に平均2~3人の女性とお会いできています。
20代女性
20代女性
口コミ・評判:★★★★★
暇な時に遊べる友達が欲しくて登録しました。
Jメールに登録すると、とにかく毎日メールが大量に届くため、返信がとても大変です。
しかし暇な時に一緒にランチに出かけたり、気軽に出かけられる友達を簡単に作れるのが良いところです。
もう慣れましたが、身体の関係に飢えた男性が割と多いでしょう。
20代男性
20代男性
口コミ・評判:★★★★
Jメールは、人妻の会員が多いと伺って登録しました。
実際に登録してユーザー検索をすると、確かに人妻の比率が多いですが、課金は5.000円ほどして1週間で3人の女性と出会うことができます。
他のサイトではここまで上手くいかないのでとても驚いています。
Jメールは女性会員も積極的で、話がトントンと進み相手とすんなり出会えるため、満足度はとても高いでしょう。

口コミ・評判から分かった結論:Jメールはおすすめできないかも…。

  1. Jメールにはキャッシュバッカーが多い
  2. キャッシュバック額はあまり多くない
  3. キャッシュバックガチ勢という感じの人はあまりいない
  4. Jメールはメールの受信で5ポイント、送信で2ポイントしか受け取れない
  5. 1時間で10往復くらいメールをしても全部で70ポイントしか受け取れない
  6. キャッシュバッカーはLINEの交換や実際に会うのを拒む傾向にある
  7. キャッシュバック目的で利用している女性は、Jメールの利用規約違反で運営側がアカウントを停止される
  8. 運営側は10年以上の実績があるため、キャッシュバッカーをすぐに特定できる

そのためメッセージを送っていた相手が、数日後に強制退会させられていることは良くある話です。

女性側は、間違えたらアカウントを削除される恐れがあるので使い方に気を付けなければいけません。

Jメールに向いていない人は、真剣な出会いや婚活を望んでいる人、出会いにお金をかけたくない人、下品な話題やノリが苦手な人、一晩限りの出会いに抵抗がある人が挙げられます。

Jメールは出会い系サイトなので、体の関係を求めている人が主に利用している傾向にありますが、真剣な出会いを望んでいる人や結婚相手を探している人には向いていません

出会い系サイトは全判的に、一晩限りの出会いは当たり前の世界なので、そのような関係が嫌な人には向いていないでしょう。

Jメールはどんな男性・女性を利用するの?

Jメールに登録する男性に関しては、経済状況と時間に余裕がある男性が多いため、女性会員に貢ぐ傾向にあります。

女性会員には、一般女性から業者、キャッシュバック目的などの色々なタイプがいます。

一般女性は、Jメールで真面目な出会いを求めている女性が多いでしょう。

専用の掲示板から検索することができますが、基本はメッセージを通じて仲良くなってから会うのが最適です。

彼女や女友達を作りたい場合は、「まじめ掲示板」を利用しましょう。

Jメールを利用する男性の写真とプロフィール

名前:ぐっちゃん
年齢:23歳
性格:几帳面、辛抱強い、素直
趣味:ギャンブル、小説、アニメ鑑賞
職業:工場の作業員
年収:約250万円
好きな芸能人:柳原可奈子
彼女いない歴:23年

Jメールで最も多い年齢層は30代前半で、求めている物で最も挙げられているのが遊び相手です。

次はご飯友達や恋人同士、ヒミツの割合が挙げられました。

男性会員の50%が、職業に会社員と書いており、次に記載が多かった職種は運送関係で、全体の約20%程度でした。

力仕事で働いている人が多く、3番目に多かった職種は経営者と学生です。

そして5番目に多かった職種は飲食関係で、他のサイトより体力勝負で仕事に頑張っている人が多い傾向にあります。

Jメールに向いている男性は、遊びたい人や体の関係だけを求めている人、とにかく命がけでお金がかかっても大丈夫な人だと言えるでしょう。

Jメールにはアダルト掲示板があるため、刺激を求めている人が多く色恋に飢えている人が多いです。

女性にも当てはまっていますが、身体の関係を求めている人がほとんどなので、遊び目的やお金をかけられる人にはぜひおすすめできます。

Jメールはサクラばかりで、課金しても意味がないという意見が多いですが、諦めるにはまだ早いでしょう。

攻略法をしっかりと熟知していれば、女性に出会うことができます。

男性会員の場合は、まずは服装や髪型に気を付けるところから始めましょう。

男性は気を配っていないことがほとんどで、ヨレヨレな服やボサボサの髪、伸ばしっぱなしの髭では女性に悪印象を与えてしまいます。

履歴書の内容や面接時の身だしなみはきっちりとした髪型や服装で臨むように、出会い系も就活と同じく相手に好印象を与えなければ出会える相手も逃してしまいます

まずは清潔感をしっかりと保ち、ファッションに疎い人は無難にZARAやユニクロの服を選びましょう。

清潔感のあるシャツやジャケットがおすすめです。

Jメールを利用する女性の写真とプロフィール

名前:奇跡のアラフォー
年齢:35~39歳
性格:姉御肌
趣味:スマホゲーム
職業:看護師
年収:500万円
好きな芸能人:仲村トオル

女性会員には、主に20代から30代まで幅広い年代の方が多く存在します。

男性会員とは違い、身体の関係を求める人は少なく、ご飯友達や真剣にお付き合いを考えている人が多いです。

プロフィール写真に関しては、自撮りやプリクラ、適度に加工された写真よりも誰かに撮ってもらった写真を設定しているアカウントを選びましょう。

女性会員に関しては、ペットと一緒に写っている写真やスポーツをしている最中の写真を設定すると、好感度が上がりやすいと言われています。

パパ活で利用している人が多いので、女性会員は金銭的に余裕のある人を選ぶようにしましょう。

また女性会員には恋愛や趣味友達を目的とした人は少なく、「ヒミツ」と利用目的を隠している人が多いです。

登録されている職種で最も多いのは社会人OLで、次に多いのが女子大生です。

3位はナース・看護師で5位以降は医療美容系の職種に勤めている人で、女性社会で全体的に出会いがない人が登録しているでしょう。

女性会員は22~29歳が50%を占めており、出会い系サイトの中ではとても多い方です。

20代の女性会員が多い出会い系はなかなかなく、30代の女性よりも割合が高いことから、全体的に若年層が多いです。

Jメールの登録・始め方 ログイン

ここからは、Jメールの登録や始め方、およびログイン方法を詳しく見ていきましょう。

Jメールは、スマートフォンアプリ、WEBサイト、スマホサイトの3つから使えます。

始め方(インストールについて)

  1. スマートフォンアプリからは、公式サイトおよびGoogle Playストア、App Storeからインストールする
  2. スマホサイト、スマホアプリ、PCサイトのいずれかから全て共通でログインできる
  3. アプリの場合は、スマホサイト、PCサイトで用いたメールアドレスもしくは電話番号、パスワードを使う
  4. 上述の3つの方法は、それぞれ料金体系やサービス、イベントが異なる
  5. 1つの経路だけでなく上手く使い分けるのが賢い使い方

登録・ログイン

  1. JメールはSNSと連携しなくても登録でき、メッセージの送信も簡単に行える
  2. Jメール会員の場合は会員ログイン画面までアクセスする
  3. iOS版JメールはApp Storeからダウンロードする
  4. Android版JメールはGooglePlayストアからダウンロードする
  5. Web版は電話番号、会員ID、メールアドレスのいずれかとパスワードが必要
  6. Facebookからのログインは、会員IDとパスワードの入力が省ける
  7. ログインはアプリ版が最も楽で、会員IDとパスワードを入力するだけで済む
はじめてでも安心!『Jメール』の登録・入会方法を初め方からマッチングまで解説パパ活を気軽にする方法の1つが、マッチングアプリの利用ではないでしょうか。 パパ活アプリとひとくくりにされていますが、アプリごとに...

Jメールの退会・解約 ログアウト

Jメールから退会するには、好きなタイミングで行うことができ、料金も発生しません。

ここからは、Jメールの退会やログアウトの仕方、また解約させられる原因を詳しく見ていきましょう。

退会・ログアウト

  1. アプリ版では比較的簡単に退会処理ができる
  2. ホーム画面の右上にある「設定」という項目から、1番下に「退会」という項目があり、開くと退会時の注意をよく読み、後は「退会します」を選ぶ
  3. ウェブ版ではトップページの1番下の、「ヘルプ/お問合わせ」という項目から退会できる
  4. ヘルプ画面から退会するには、「⑦サイトを使わないため」を選択肢から選ぶ
  5. 他の番号から選択すると退会まで進めない
  6. 無事に「退会申請」まで行けたら、後はアンケートに答えて「退会する」を選ぶだけ

解約

  1. 急にログインができない場合は、強制解約をされるような行動を起こした可能性がある
  2. 強制解約は規約違反をしている場合に適用される
  3. 登録情報を偽った場合は、すぐに強制解約をさせられる
  4. 1人で何個もアカウントを所持している場合も解約の対象
Jメールの退会解約を画像解説!ログアウトの方法や注意点まで出会い系『Jメール』の退会方法を画像つきでお伝えします。 では、自分から『Jメール』を辞めたいときの退会・解約・ログアウト手順や方...

Jメールはおすすめのサービスですが、使い方には注意しましょう

Jメールに関して、ネット上には色んな口コミや評価が掲載されていますが、それだけを参考にするのではなく気になる方は実際に使ってみましょう。

気になるのに使わないのは、せっかくの出会いを逃してしまう場合もあるためです。

業者やキャッシュバッカーの見分け方を理解していれば、出会い系初心者でも充分に楽しめます。

また男性は初回登録時に、ポイントが1000円分寄付されるため、まずは配布ポイントを使ってみましょう。

しかしプロフィールの偽装やキャッシュバック目的で利用していると、アカウントを停止させられる恐れがあるので使い方には注意が必要です。